ローンが残ってる車を売ることはできる?【知恵袋より詳しく解説】

  • ローンが残ってる車を売りたい
  • ローン残ってるけど車変えたい
  • ディーラー名義のローンが残ってる車を売りたい

ローンが残ってる車を売りたい場合、上記のことが気になるのではないでしょうか。

車買取おすすめ業者に査定を依頼したいけど、自分の車がそもそも売却可能かわからないという方は意外と多いです。

この記事では、ローンが残っている車を売る方法とメリット・デメリットを知恵袋より詳しく徹底解説します。

結論からお伝えすると、ローンが残っている車を売ることは可能です。

ただし自動車検査証に記載されている名義によって手続きが異なるため、この記事をしっかり読んで皆さん一人ひとりに当てはまるパターンで対応してもらえればと思います。

車コラム編集部

ローンが残ってる車をスムーズに売るために知っておきたい知識を、わかりやすく解説します。

目次

ローンが残ってる車を売ることはできる?【知恵袋より詳しく解説】

ローンが残ってる車を売ることはできる?

結論からお伝えすると、ローンが残ってる車を売ることは可能です。

ただし、その車の所有者によってはすぐに売却できない可能性があります。

大原則として、車を売れるのは「所有者」だけです。

所有者名義が自分ではない場合、まずは名義変更を行って車の所有者にならなくてはいけません。

車検証を手元に置いて、車検証の「所有者」の欄を見てください。

車検証の見本
引用元:国土交通省「自動車検査証
  • 所有者記載欄が自分の名前:すぐに売却可能
  • 所有者記載欄がローン会社名義:一旦ローンを完済してから売却可能

車の所有者の氏名欄に自身以外の名前(ディーラーなど)がある場合も少なくありません。誰がその車の所有者であるかによって、ローン中の車を売る方法が少し変わります。

また「ローン残高」もチェックすべきポイントの1つです。後述しますが、車の査定額がローン残高を上回るかどうかその後のアクションにも影響があります。

車コラム編集部

売却前からその後の行動指針を決めるためにも、無料査定などを活用してみてください。

所有者記載欄が自分の名前になっている場合

所有者記載欄が自分の名前になっている場合は、どれだけローンが残っていてもすぐに車を売却できます。車の所有権はあなたにあるため、あなたの権利で車の売却が可能です。

ただし、車が無くなったとしてもローンの残債は残ったままになりますので、新たにローンを組んで自動車を購入すると二重ローンになってしまう点には注意が必要です。

所有者記載欄がローン会社名義になっている場合

車には資産価値があり、誰の持ち物かをはっきりとさせる「所有者」が定められています。

この所有者は車検証に記載されており、ローンを組んで車を購入した際は、ディーラー(自動車販売店)やローン会社名になっていることがほとんどです。

これは「車の所有者はローン会社」であり、その車を売ったり手放す権限があなたには無いということを意味しています。

そのためローンが残ってる車を売却するには、ローンを完済した上で「所有権解除」を依頼し、自分の名義に変更しなければなりません。

ローンが残ってる車を売る方法

ローンが残ってる車を売る方法

ローンが残ってる車を売る方法は、大きく分けて2つあります。

1つ目は、自分名義の車を売る方法です。この場合、車の査定額がローン残高を上回る場合は、その差額を受け取れます。

2つ目は、ローン会社名義やディーラー名義の車を売る方法です。この場合、ローン会社やディーラーに売却の意思を伝え、手続きを進める必要があります。

後者のほうが手続きが複雑化するため、当てはまる方はしっかり目を通しておいてください。

パターン1:自分名義の車を売る方法

自分名義の車であれば、ローンが残っていても売却手続きは非常にスムーズ。

車の名義が自分以外の家族であっても、ご本人の同意や委任状などを用意すれば大丈夫です。

まずは、車の査定を受けましょう。

査定額がローン残高を上回る場合は、その差額を現金で受け取ることが可能です。査定額がローン残高を下回る場合は、不足分を補う必要があります(方法は後述)。

ローン中の車を売却してもローンの返済義務が残っても、ローンの返済方法を予め決めておけば、落ちついて対処できるでしょう。

パターン2:ローン会社名義やディーラー名義の車を売る方法

名義がローン会社やディーラーの車をローンが残った状態で売る場合には、いくつかの手続きが必要です。

STEP1:売りたい車の相場とローン残債を調べる

ローンが残ってる車を売りたいなら、まずはローン残債と、売りたい車の買取相場を調べることがおすすめです。

車を手放してもローンの支払い義務は残るため、売却で得たお金をローン返済に充てる方がほとんどです。

また、後述する所有者名義の変更は「ローンの返済が完了または目途が立ってから」が原則ですので、より慎重に計画しなければなりません。

ローン残債の主な支払い方法
  • 手持ちの資金で返済
  • 売却で得た資金で返済、足りない場合は手持ちから足す
  • 新たにローンを組む

売却によって得た資金で返済する場合、買取業者に残債がある旨を先に伝えておきましょう。

適切なアドバイスや代行手続きをお願いできるので、名義人変更や残債の支払い手続きがスムーズになります。

STEP2:車の所有者名義を自分に変える

車の所有名義人を変えるには、今の所有者に所有権解除を依頼し、必要書類を持参して運輸支局で移転登録(名義変更)の手続きを行います。

所有者名義を変更する流れ
  1. 現在の所有者に連絡し、車を売却したい旨を相談
  2. ローンを完済する
  3. ローン会社に「所有権解除」を依頼する
  4. 所有者から「譲渡証明書」「印鑑証明書」「委任状」を預かる
  5. 新所有者(あなた)の「印鑑証明書」「実印」「車検証」「車庫証明」を用意する
  6. 運輸支局の窓口で「手数料納付書」「自動車」「自動車取得税申告書」「申請書」を受け取る
  7. 移転登録手数料分の印紙(500円)を購入し、手数料納付書に添付
  8. 用意した書類一式を提出し、内容に不備がなければ新しい車検証が交付される

その後、税申告窓口にて自動車税・自動車取得税申告書と新しい車検証を提出し、税金を納めて手続きが完了となります。

なお、名義変更に必要な費用は、移転登録手数料の500円・車庫証明書の取得費用の2,500円~3,000円・自動車取得税です。

STEP3:査定を元に車買取店へ売却する

車の所有者名義が自分になったら、車を売却できるようになります。

売却先は中古車専門店・メーカー正規販売店(ディーラー)・オークション・フリマなど様々ありますが、高値が付きやすく安心して取引できるのは中古車専門店です。

返済計画を立てる際に、Webの一斉査定サービスを利用したり、口コミを参考にして地元の中古車専門店を訪ねておくと良いでしょう。

ローンが残ってる車を売るメリット

ローンが残ってる車を売るメリット

ローンが残ってる車を売る理由は人それぞれですが、ローン中に売るメリットもいくつかあります。

そのメリットというのがこちら。

ローンが残っている車を売る3つのメリット
  • 高く売れるタイミングで売却できる
  • 査定金額がローン残高を上回る場合がある
  • 一括返済でローンを完済できる

ひとつずつ見ていきましょう。

高く売れるタイミングで売却できる

当たり前の話ですが、車の市場価値が高いタイミングで売却できれば、より高い査定額を得られます。

しかし、ローンの返済を待っていると、ベストなタイミングで車を売却するのは難しいです。

ローンが残っている状態でも適切なタイミングで車が売却できれば、ローン完済を待ってから売却して新車を売るよりもお得に新車を買い替えられます

日常的に車市場の動向・値動きを把握している方は、ローン中の車を売却して利益を得られる可能性があります。

査定金額がローン残高を上回る場合がある

車の査定額がローン残高を上回る場合、その差額を受け取れるのもローン中に車を売却するメリットのひとつです。

ローンの返済に負担を感じている人にとっては、ローンを減らせるため、心の安定にも繋がります。

売却タイミングによっては、資金を手元に残せるため一石二鳥です。

一括返済でローンを完済できる

前述したように、車の売却によって得た資金でローンを返済できるのがメリットですが、完済できる方も中にはいます。

一括返済できれば、毎月のローン返済の負担がなくなるため、新車購入や別の分野への資金投入が決断できるでしょう。

一括返済すれば、ローン利息の節約にもなるため、将来的な経済的負担を軽減して家計の安定を図りたい方にもおすすめの売却手段です。

出費を抑えて常に新しい車に乗れる

ローンの残債を売却価格で補える車両を選び続ければ、出費を抑えて新しい車に乗り続けることができます。例えば、最近流行りのアルファードやハリアーなどの高級ミニバンや高級SUVは購入価格も高いですがリセールもいいことが特徴です。

いっそローンで買ってしまって、ローンが残っているうちに早めに売却。そのまま新しい車を買ってしまえばお得に高級車も乗れてしまいます。

ローンの支払いが厳しい車でも、最初からローンを残した状態で売却する前提で購入すれば、憧れの車だってお得に乗れてしまいます。

支払い総額を抑えられる

ローンは利息がかかるので、支払い期間が長ければ長いほど支払い総額が多くなる仕組みになっています。

借入金額200万円(年利5%)の場合
  • 返済期間3年間…総支払額 2,157,888円(利息 157,888円)
  • 返済期間5年間…総支払額 2,264,515円(利息 264,515円)

一括返済をすると、将来払うはずだった利息を支払わなくても良くなるため、支払い総額を抑えられる可能性があります。

ただし、残債額やローンの契約条件によっては、一括返済手数料の方が金利より高くなる場合もありますから、一括返済するかは、手数料を加味して検討しましょう。

次の車の購入資金にできる

ローンが残っていても車を乗り買えたい場合、車の売却で得たお金を充てることで残債を一気に減らすことができます。

また、中古車販売店の中には、手放す車の残債と新しい車のローンを一本化してくれるお店もあります。

次の車を購入する前は欲しい車を探すだけでなく、買取査定と受けられるサービスを含めて比較し、もっとも条件が良い業者を探さなけれないけません。

車コラム編集部

特に残債を残しての乗りかえは今後の家計に大きく影響します。徹底的なリサーチを心掛けてください。

車の維持費を節約できる場合がある

車を所有することは、何かと費用が掛かります。

生活必需品ならば、ローンの支払いに苦心しても簡単に手放すことはできないでしょう。

しかし、今乗っている車より自動車税が安く、燃費性能が優れている軽自動車やハイブリッドカーにすることで、長期的な支出を抑えられるかもしれません。

もちろん車種によって条件が大きく異なり、必ず残債を上回る金額を節約できるとは限りません。

綿密なシミュレーションが必要ですが、燃料代が高騰し続けている現在、条件が良い車を選ぶことで将来的に大きな節約に繋がることが期待できます。

ローンが残ってる車を売るデメリット

ローンが残ってる車を売るデメリット

ここまで、ローンが残ってる車を売ることのメリットについてお話してきましたが、良い面ばかりではありません。

ローン中の車を売ることにはいくつかのデメリットもあるので、しっかり理解しておきましょう。

ローンが残っていても車を売る3つのデメリット
  • 返済義務が残ってしまう
  • 自分名義でないと手続きが煩雑
  • 売却がスムーズに進まない場合がある

ひとつずつ詳しく解説します。

ローンの返済義務は残る

ローンが残ってる車を手放しても、残債は必ず完済しなければいけません。

車を売却したことで得たお金で完済することが理想的ですが、残債の方が高かった場合はローンだけが残ってしまいます。

そのためローン残債額・売却額・家計のバランスは非常に重要で、「車を売って新しい車を買ったけど、支払えません」では信用情報にキズがついてしまいます。

車を手放しても残債は完済できるか、2つのローンを支払えるかなどをしっかり算段し、無理がない買い物をしましょう。

自分名義でないと手続きが煩雑

冒頭でも解説しましたが、ローン会社やディーラー名義の車を売る場合は手続きが煩雑になってしまいます。

ローン会社やディーラーとのコミュニケーションだけでなく、役所などへ行く必要もあるため、時間と労力がかかってしまうのです。

車を売却するためにお金も時間も多くかかってしまっては本末転倒なので、どちらを優先するべきか天秤にかけてみることをおすすめします。

売却がスムーズに進まない場合がある

車の売却がスムーズに進まない場合、経済的な負担だけでなく、精神的にも負担が増えてしまいます。

こちらは、見落とされがちなデメリットのひとつです。

ローンが残っている車を売却する際、通常の審査よりも厳しくなって売却がスムーズに進まないことがまれにあります。

車コラム編集部

以上の内容を踏まえると、普段の日常生活に影響のない範囲で、ローン中の車を売却できるように立ち回ることが大切でしょう。

月々の支払い負担が重くなる

前項で少し触れたとおり、ローン残債を残したまま別のローンを組んで新しい車に乗りかえた場合、しばらくは2台分のローンを返済しなければいけません。

このとき、残されたローンと新しい車の支払い方法は二つあります。

  • 上乗せローン:新たな車のローンとまとめる方法。月々の負担は抑えられるが金利が高くなりやすい。
  • ダブルローン:新たに別のローンを組む方法。複数のローンを抱えるため審査が厳しくなる。

自動車に関するローンは総量規制の対象外ですが、組んでいるローンの種類によっては適用される恐れがあります。

また複数のローンを組む程、審査は厳しくなります。

これから先、車以外のローンを組む可能性がある方は考慮した支払いプランを立てましょう。

名義変更や売却の手続きが面倒

車の所有者名義を変更するためには必要書類が多く、スムーズに手続きが出来ても約10日~2週間程度必要です。

ローンが残ってる車を売るときは、査定交渉に時間をかけたり、綿密な資金繰りを考えたりと、やらなくてはいけないことが沢山あります。

そのため手続きに自信がない方は、思い切って買取業者に名義変更を依頼する方が良いかもしれません。

依頼する際は代行料として5,000円~2万円程度の費用が発生しますので、査定金額と一緒に考慮しておきましょう。

一括返済すると手数料が高い

契約者が残債を一括返済すると、ローン会社は利息による収入を得ることができなくなってしまいます。

その減収をカバーするために、一括返済時に手数料を請求されるケースがみられます。

特にディーラーが提供するローンでは手数料が発生しやすい傾向にあり、高額な金額を請求されることも少なくありません。

手数料の金額はローン会社や残債によって異なるため、あらかじめ金額を確認しておくと良いでしょう。

一方で銀行のマイカーローンでは一括返済手数料が必要ないところが多く、必要であっても数千円程度で収まります。

一括返済すると短縮した期間分の利息を減らせる可能性はありますが、手数料を加味して計算するようにしましょう。

車を高く売るにはどうすればいい?

車を高く売るにはどうすればいい?

車を高く売るためには、いくつかのポイントを押さえる必要があります。それがこちらの3つ。

  • 車一括査定サイトを活用する
  • 車をきれいに掃除する
  • 車を売却する時期にこだわる

こちらの3点を売却前から意識できれば、ローンが残っている車であっても高額査定が狙えます。

車一括査定サイトを活用する

車一括査定サイトを活用することで、複数の業者から査定を受けられます。これにより、最も高い査定額がひと目で分かるので、時間的にもお金的にもお得です。

車売却は専門家以外の人からは、実情がよくわからないもの。そのため、一つの査定業者だけでは「それが正当な査定なのか?」がわかりません。

一括査定サイトを活用して、適切な価格で車を売却しましょう。

車をきれいに掃除する

車をきれいに掃除することで、査定額が上がることがあります。特に、査定に響く「内装」や「外装」をきれいに保つことが重要です。

しかし、査定金額を上げるために修理や整備を過剰に行うのは禁物です。修理したことで増える査定金額を修理代が超えてしまうことはよくあります。日頃からきれいに扱って、査定前にちょっとしたお手入れをすることを心がけてください。

車を売却する時期にこだわる

車を売却する時期を間違わなければ、高い査定額を得られます。

例えば、新型車が発売される前や、特定の車種が人気になる時期などです。

車市場の動向を日常的にキャッチアップしている方は、最適なタイミングを常に見計らう姿勢を持っておきましょう。

ローンが残ってる車を売る際によくある質問

最後に、ローンが残っている車を売る際のよくある質問にお答えします。

ローンが残ってる車を売ると現金は手に入る?

ローンが残ってる車を売る場合、査定額がローン残高を上回ると現金を手に入れられます。逆に、査定額がローン残高を下回った場合は不足分を補う必要があることにご注意ください。

ローン中の車を売ってしまったらどうなる?

ローン中の車を売った後は、ローンを完済する必要があります。

売却で得たお金で、残されたローンの返済に充てるのが一般的です。

一括返済の資金が足りない場合はそのままローンを払い続けたり、新たにローンを組み直して完済を目指します。

新しい車のローンに前車の残りローンを上乗せした合計金額を分割して月々支払う方法(オーバーローン)の利用を検討してみてください。

ローン会社名義の車を売ることはできる?

ローン会社名義の車を勝手に売ることはできません。

車検証の所有者欄にローン会社名が記載されている場合は、ローンを完済し、車を名実ともに自分の所有物にする必要があります。

中にはローン会社やディーラー名義のまま(所有権留保)買取りをする業者がいますが、適正なほぼ査定はされない上に、ローン契約違反なので避けるべきです。

まとめ:ローンが残っていても車は売却できる!

ローンが残ってる車を売ることは可能ですが、個人名義かローン会社・ディーラー会社名義かによって手続きの方法が異なります。

自分名義ではない車を売りたいなら、まずは残されたローン残債をどう支払っていくかを考えなくてはいけません。

車検証の所有者名義がローン会社やディーラーの時点で、その車はあなたの所有物ではないからです。

ローン残債の金額と契約条件・売りたい車の市場価値・手持ちの資金を元に完済プランをしっかりと立て、具体的な手続き準備を行いましょう。

車の所有者がローン会社やディーラーになっている場合は時間もお金も必要です。

煩雑な名義人変更は業者に依頼して負担を減らし、余裕を持って愛車を買い取ってくれる業者を探すのも良いですね。

  • URLをコピーしました!

神奈川県厚木のクルマ専門店、アールブイフォーワイルドグース株式会社の車コラム編集部です。専門性、正確性が高い記事にこだわり、読者の方にとって新鮮で有益な情報を届けられるように努めています。

  • Apio
  • off road service taniguchi
  • IPF
  • MRS

アールブイフォーワイルドグース株式会社

〒243-0016
神奈川県厚木市田村町11-18 井上企画ビル2F
営業時間 :
10:00〜18:00
定休日 :
水曜日 第2・第4日曜日

アクセスマップ

各種お問い合わせ

当社や製品へのご意見・お問い合わせは以下で承ります

目次