• 安定のワイドボディ 余裕の1.3Lエンジン 史上最大のジムニー日本上陸!! マルチスズキ・ジプシー

車両本体価格

¥2,850,000~(税抜)

※車両価格には保険料・税金・登録等に伴う費用および付属品価格は含みません。

インドからスーパーサイズジムニー日本上陸 ! マルチスズキ・ジプシー

インド・マルチ・ウドヨグ社が生産する現行車両唯一のリーフスプリングジムニーであるジプシーは、軽ジムニーに+815mmの4,010mmの全長と+145mmの1,540mmによるロング&ワイドボディーが特徴の、歴代ジムニーの中でも最大クラスといえるスーパーサイズジムニーです。

SJ413幌タイプのベース車両にレジントップを被せたハイルーフステーションワゴン風のフォルムはかつてヨーロッパ各国・オーストラリアに輸出されていたSJ413とも異なり、ジプシーのオリジナルデザインです。レジントップに備え付けられたサイドウインドウ、リアゲートに被せる形で装着するリアドアの左右非対称のウインドウも大きめのサイズで開放的な雰囲気を演出しています。

日本ではJA12/22の登場で消えてしまったリーフスプリングジムニーですが、まだ造り続けている国があります。それがインドです。インドの2016年の自動車生産台数は4,500万台で、実は中国、アメリカ、日本、ドイツに次ぐ世界第5位の自動車大国なのです。そのインドでは伝統的にスズキが強く、乗用車でのシェアは47.4%に上るといいます。アルトの現地生産はマルチ・ウドヨグ社で1983年にスタートしましたが、ジムニーは1985年から生産されています。それがこのジプシーです。先日、安倍首相がインドを訪問した際のパレードでジプシーが使われたことが話題となりましたが、日印友好の象徴として扱われています。

今回販売するジプシーは SJ413ベースで、ロングホイールベースかつワイドトレッドの最終型。本国には幌タイプもありますが、レジントップタイプとなっています。サイズは日本の軽ジムニーをすべてにおいて超えています。ホイールベースは軽ジムニーに+345mmの2,375mm、トレッドは+110mmの前1,300mm、後1,310mm、全長は+ 815mmの4,010mm、全幅は+145mmの1,540 mm、全高は+145mmの1,845mmというスーパーサイズ。これは歴代ジムニーの中でも最大クラスです。

エンジンは4ストローク4気筒1,298ccの G13BB型で、シングルポイント・インジェクターを 備えて80bhp、103Nmを発揮。サスペンションは熟成のリーフリジッドで、リアには大積載 に耐えるヘルパースプリングを装着しています。ト ランスミッションはMT5速、トランスファーは高低 2速とベース車両のままで、15インチのリブラグタイヤを駆動。 輸入元のRV4ワイルドグースでは、このジプシーの車検取得に1年以上取り組み、ついに成功。晴れて発売にこぎつけました。乗車定員は 本国の8人に対して4人となりましたが、積載量は 400kgを確保。幅は同じながら、80cmも延長された広大な荷室はジプシー最大の魅力です。

スタイリング

ジプシーの長さは、ホイールベースとリアオーバーハングの組み合わせによるもの。ドアの後ろからリアタイヤと、リアタイヤからリアゲートの間隔を見れば実感できるはずです。また、サイドパネルの面積がとても広くなっています。幅は軽ジムニーと同じで、大型オーバーフェンダーにより拡大されています。 オーバーフェンダーはいわゆるSAMURAI型で片側約70mm厚。ロングボディのためか、SAMURAIのような派手さはなく、全体に自然になじんでいる印象です。

シャシーは、ショートのラダーフレームをトランスファーから後ろとリアタイヤ後部を延長したもの。そのためリアプロペラシャフトとマフラーが長くなっています。

フューエルタンクは一般のジムニーと同様、リアオーバーハング上に位置します。前後リーフスプリングのスパンはJA11等と同じですが、トレッドの拡大に合わせて取付位置をフレームの外側に移設しています。また、フロントスタビライザーの装着とともに安定したハンドリングを実現しています。

ベースボディは幌タイプのため、センターピラーが存在することが特徴。その上にかぶせられたレジントップは、運転席上のフロント部、 荷室上の本体部、リアゲートの3つのパートで構成されています。かつて欧州・豪州に輸出されていたものとは若干異なるジプシーオリジナルデザインです。

※各写真をクリックすると、大きなサイズでご覧になれます。

フロントビュー
フロントビュー。レジントップを外せばフロントウィンドウは可倒式
サイドビュー
80cmも延長されたロングボディが特徴的なサイドビュー
リアビュー
リアビュー。リアゲートに覆いかぶさるように取り付けられたリアドアは横に開閉
フロントグリル
JA11-2型以降と共通デザインのフロントグリル。センターのエンブレムはSマークではなくマルチのもの。ボンネット にもSUZUKIに替えてMARUTIが輝く。
ハイルーフステーションワゴン風のレジントップ
オーバーフェンダー
70mm幅の大型オーバーフェンダー
リアサイドウィンドウ
スライド式の大きなサイドウインドウ。前半部が開閉可能
サイドステップ
警察車両用と同タイプ仕様のため、助手席側のみに簡易的な折りたたみ式のサイドステップが装備されています。
エンブレム
左サイドだけに貼られるエンブレム。本国での型式名はMG413W、 セールスネームは GYPSY KING。ライオンのイラストが誇らしい。ちなみに、インドのライオンは絶滅危惧種。
リアゲートドアノブ
リアゲートの外側はもちろん、内側にもオープナーが装着されています。
サイドミラー
インドでは左ミラーは装着されないため、JA11-3型以降のサイドアンダーミラー一体型のフェンダーミラーを装備。

収納スペース・インテリア

ジプシーの前後・上下に広い室内空間は想像以上。同じジムニーとは思えない!と言ってしまうほど。圧巻はやはりリアシートを畳んだ荷室で、もとは横向きの3人掛けシートがタイヤハウス上に対面で2脚装着されていたため、とにかく長いです。まさにイベント用テントなどの長尺物を格納するにはうってつけ。

荷室の高さも驚異的。ハイルーフ以上の広々感を備えています。これはタイヤハウス上のリアシートに腰かけた人を意識した高さが元になっています。荷室の容積は、軽ジムニーの4倍はあるように感じるほど。ジムニーオーナーの悩みのひとつは収納力だと思いますが、4人家族がキャンプ道具を満載した時の窮屈感などはもうオサラバ。こんな余裕があるジムニーはジプシー以外にありません。

なお、今回の日本での販売にあたり2人掛けのリアシートに仕様変更しましたが、このリアシートを使用した状態でも今までのジムニーにはない荷室の広さを感じていただけるはずです。

※各写真をクリックすると、大きなサイズでご覧になれます。

ハイルーフ、ロングボディにより実現した広大な室内空間。室内高は驚きの123cm。そして積載量400kgの大容量ラゲッジスペースは歴代ジムニー最大級の容積
二人乗りのリアシートを使用しても、広大なスペースの荷室
SJ30-3〜JA71-2型と同じデザインのシンプルなダッシュボード。インドはイギリス領だったので右ハンドル。
シート
フロントシートは動きやすいショルダー部を削った形状です。ヘッドレストはゆったりとした大きさで頭部を支えます。
レジントップ解除レバー
ベースが幌タイプなので、レジントップを外してレバーを解除すればフロントウインドウを倒すことが可能です。
ヘッドライトレベライザー
ヘッドライトレベライザーはダイヤルを回転させて調整します。これがあれば大荷物を積んでの夜間走行も安心です。
キー
キーのグリップはインドオリジナルデザイン。シンプルだが存在感を感じさせます。

メカニズム

トランスミッション、トランスファーなどの駆動系の基本的な構造はJA11やJA51、JB31と同じで、ホイールベースとボディの長さにより変更されたリアデフを駆動するための長いプロペラシャフトがジプシー最大の特徴になります。

また、過去のリーフサスペンションジムニーと基本的な構造は変わっていないためパーツに互換性があり、修理や改造に関しては他のリーフサスペンションジムニーのノウハウをそのまま活かす事ができます。

※注 下記写真のエアコンは実際に納車される車両には装備されていません。参考資料としてご覧ください。なお、エアコンの装着をご希望の方はオプションで日本製エアコンの取付を承っています。

※各写真をクリックすると、大きなサイズでご覧になれます。

フロントリーフサスペンション : リーフスプリングの形状やスパンはJA11と同じだが、取り付け位置はJB31と同じくラダーフレームの外側
フロントリーフサスペンション
エアコン コンプレッサー[参考] : エアコンはスズキ純正での設定ではなく大きめなサイズのインドのディーラー仕様。(※弊社の販売車両には付属しません。オプションで日本製のエアコンを装着することが出来ます。)
エアコン コンプレッサー
トランスファー : SJ30からJA11までと同じ外観のものを採用。JA11などよりも長いリアプロペラシャフトが特徴
トランスファー
底面
エンジンルーム
エンジンルーム : 基本構造はG13BBエンジンだが、補機が増えジプシー独自の仕様になっている
エアコン コンデンサー
エアコン コンデンサー[参考] : 大型サイズでエンジンルームではなく、リアの床下に吊り下げられた形になっている。(※弊社の販売車両には付属しません。オプションで日本製のエアコンを装着することが出来ます。)
リアリーフサスペンション
リアリーフサスペンション : フロント同様に過去のリーフジムニーと同じ仕様だが、取り付け位置はJB31と同じくラダーフレームの外側

主要スペック

全長×全幅×全高 4,010×1,540×1,845mm
ホイールベース 2,375mm
トレッド 前1,300mm /後1,310mm
乗車定員 2(4)人
最大積載量 400(250)kg
車両重量 1,020kg
エンジン型式 4ストローク水冷エンジン4気筒 G13BB
排気量 1,298cc
最高出力 80bhp/6,000rpm
最大トルク 103Nm/4,500rpm
トランスミッション 5速マニュアル
トランスファー 高・低2速
変速比 高1.409 /低 2.268
サスペンション 前後リーフリジッド
ブレーキ 前 ディスク 後 ドラム
タイヤ F78-15-4PR
燃料タンク容量 40リットル
生産国 インド

「ジプシーを手に入れたい !」まずはご試乗ください。

ジプシーにご興味がある方は、店頭に試乗車をご用意していますので、まずは当店にご来店してジプシーの外見や内装をその目で見て、また、実際に試乗して乗り心地などをご体験してください。

その他、マルチスズキ・ジプシーに関するお問い合わせは下記まで。

お問い合わせ先 :

RV4ワイルドグース

tel
: 046-294-4567
営業時間
: 10:00〜19:00
定休日
: 水曜日・第2・第4日曜日